--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

初盆

2009⁄08⁄19(水) 16:34
こんにちは。

.tomoya@帰省中です。

今回の内容は投稿するかどうか少し迷ったのですが、今の気持ちを残しておきたいと思い綴ることにしました。



昨年、友人が亡くなりました。
今回の帰省の一番の目的はその友人の初盆だったりします。

その友人(以降T)とは受験予備校時代に知り合いました。

Tとは年齢も近く、割と気も合ったのでよくつるんでいました。
まぁ・・・一方的に飲みにつき合わせていた感もありますが。
(ちなみに.tomoyaは20代の中ごろです)

地方の予備校なので、人数も少なくほぼ顔見知りという中でTとは特に仲良かったと思う。

私とTは同時期になんとか会計士試験に合格!!
この合格発表が07年の11月。
その1年後にそれは起こった。

Tは地元の監査法人に勤務することになり、少し疎遠になっておりました。
(ちなみに上の地元と.tomoyaの地元は別です。一応、隣接県です。
うちの地元に監査法人なんてない・・・と思う)

Tが研修で上京しているという話を聞けば、飲みの誘いをしたりしたのですが、「仕事が忙しい」とかの理由で断られていました。
研修中ならそんなに忙しくないんじゃない?と思いながら、「そっか・・・」と。
思うところでもあるんだろ。まぁ、いつでも会うチャンスはあるんだし、いいか。
と思っていた、このころは。
結局合格後Tとは会っていない。

.tomoyaは08年の11月に有給を使い帰省しておりました。
そのときTを含めた地元の監査法人の友人に飲みの誘いをするも、
Tは来ず。
別の友人(Tと同じ法人)に
「仕事忙しくてT来ないって言ってるけど、仕事大変なの?」
「いや・・・そんなはずないけど」
「・・・だよね」


Tは受験生時代から頑張りすぎちゃう人間だった気がする。
そこがTの魅力でもあるのだが。
中途半端なことがいやだったのだろう。
しかし、この監査という仕事は法律で締め切りも決められているし、
全てを見ることも求められていない。
リスクがあるところを重点的に見る。
正直、1年目の担当科目なんて、
最終的な意見には影響を与えないものだと思う。
だから怠けていいわけじゃないが。
しかし、休日を使い(おそらく自主的に)そのフォローをする必要なんてないと思う。残業代も出ないんでしょ?

1年目は当然やらなくてはならない雑務も多い。
Tはその雑務で失敗したりしていたらしい。
その失敗を取り返すため余計に頑張っていたのだろうか。


その飲み会が休日にあって、次の平日。
.tomoyaは東京に戻っていました。
一緒に飲んだ友人より連絡あり。
「Tが仕事に来てないんだけど、なにか知ってる?」
「!?」

でも、このときはちょっと仕事がきつくて、さぼりたくなったくらいに思っていた。
たまにはそういうのもいいんじゃないかと思っていた。
家(このときTは実家から通っていた)にも帰っていないようだ。


その週の金曜日、.tomoyaのケータイに留守電が残っていました。
下三けたが110の電話番号でした。
そう警察からのお電話です。
.tomoyaはとある事情で以前110から電話を貰っていたので、
そっちの件かと思って折り返しました。

「Tさんってご存じですよね?」
「(え・・・)・・・は、はい」
「実はTさんがお亡くなりになりまして・・・」

話を聞くと帰省中にしたTと.tomoyaのメールのやりとりに気になる言葉があったそうな。明言はされなかったが、自殺なのだろうと感じた。


その週末、また地元に戻ることになるとは思ってなかった。
さすがに直前連絡とっていて行かないのも気が引けるし、
最期に顔も見たかったし。

ひさしぶりにちゃんと泣いた気がする。


遺書的なものは見つかっていない。
確実ではないが、おろらく仕事上の悩みなのだろう。
しかし、Tは誰にも相談していなかったようだ。
職場の人間、同じクライアントに行っていた同期でさえ驚いていたらしい。
こう言っちゃなんだけど、Tの直属の上司とかホント悲惨すぎる。
相談もされずに、勝手にいかれて。

Tの死は彼の周りの人間のこれからの人生に多少なりと影響していくのだろう。
しかし、彼の葬儀にはたくさんに人が来ていた。
こんなに多くの人に愛されたいたT。
そういえば、Tのことを悪くいう人はいなかったな。
このなかの誰かはTを救ってあげれたんじゃないのか・・・?
別の選択肢があったはずだろ?

もしもなんてない。
でも、人間はそのもしもを考えてしまう。

Tがいつそれを決意したのか・・・。
誰にも言っていないが、もしかしたら.tomoyaとの何気ないメールのやりとりでそれを決意した可能性もゼロではないと感じている。
もちろん、見直してもそんなメールのやりとりはなかったが。

理由はどうあれ人間、いつ死んでしまうかなんて分からない。
今回、割と時間を取って帰省し、できるだけ友人と会っているのにもそういう理由があったりする。


最後に・・・
だから、真面目な人間は嫌いだ。
極端から極端に走ってしまうから。
まぁ、同族嫌悪なのだろうけど。

TOP

Comment

Trackback

http://zimuking.blog47.fc2.com/tb.php/53-36ff09fa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。