--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

修了考査所見

2011⁄06⁄30(木) 23:59
こんばんわ。

復活後第1回目のテーマは約束していた修了考査の所見についてです。
今年の受験生もそろそろ申し込む?と同期の動向が気になるころではないでしょうか??
(先日平成23年度修了考査の日時も発表になったようですね。
前回同様年明けの実施みたいです。詳細は協会のHPでご確認を。)

この機会に時間を掛けてじっくり勉強するのが一番いいのでしょうが、
仕事も忙しいでしょうし、他にもやりたいことは山ほどあってなかなか難しいですよね。。

そこで効率的な勉強の足しになればと思い、個人的にこれをやってよかった、これはいらなかったな。。と感じたものをまとめておきますので、参考にしてください(あくまで参考までに)。

しかし、一番のゆとりと名高い07年合格の代の修了考査で7割の合格率となったので、今後もそれほど下がることはないんじゃないかなと思っています。
気楽に受けてきてください。私が合格するくらいなのだから(笑

①全般

・答練
最悪これだけは回しておきましょう。
受験生のほぼ全員が見ています。
TAC生のほうが多いためTAC答練のほうが優先度高いかと。
大原生は大原答練だけじゃ量が少ないと思われます。

・レクチャー
見るとなるとかなり時間を使うため自信のある人は不要なんじゃないかと思います。
個人的には見ておくことでやった感から来る安心感を得られる点、過去問の内容を確認できるという利点はあるかなと。
受けるとしたら、経営(IT)⇒職業倫理⇒経営⇒税務⇒監査⇒会計だと思います。

・C級論点
試験直前になると絶対気になってくると思います。
断言します。まず出ない。出ても没問だ。
勇気を出して切ってください。

②会計に関する理論及び実務
今年の試験は広く浅い知識を求めていた気がします。
ヤマをはるのは危険かもしれません。
今年も出ると言われていた企業結合が出なかったためまたヤマにあがると思いますが、これだけに注力するのはまずいと思います。

優先順位:答練⇒問題集⇒レクチャー⇒六法

③監査に関する理論及び実務
基準の読み込みも大事だと思いますが、監査法人勤務は実務でやったことを作文できれば及第点は取れると思います。
優先度は一番低いと思います。
答練で不安のあった箇所を原文に戻るパターンが一番効率的かと。

④税に関する理論及び実務
一番時間掛かる科目だと思いますが、やりだしたらキリがないため、その他の科目との兼ね合いでメリハリつけてやってください。切るのも勇気だと思いますが、予備校講師のヤマだけを信じるのも危険です。今年の大原はひどかった。。

優先順位:法人⇒消費⇒その他


⑤経営に関する理論及び実務(コンピュータに関する理論を含む。)
やはりITは知識に不安があると思いますが、近年出題形式は毎年同じです。
過去問解いて出題パターンを理解し、作文。時間があれば基準も。
経営分析もパターンが決まっているので過去問等で一度確認を。
答練解いておけばいけると思います。

⑥公認会計士の業務に関する法規及び職業倫理
作文。答練は解いておく、余力があれば原文も。

とろあえず、こんな感じですかね。。

TOP

Comment

分かりにくいコメントですみませんm(_ _)m
学校に通おうと考えてまして、その学校の入試に小論文があるのですが(-.-)そういった物に携わってきていないので、どういう風に書けばいいのか知りたくて(>_<)小論文の対策にオススメの本などあれば知りたいなと
TOMOYAさんのブログ見てると色々と分かりやすく書いてくれてるから、図々しく会計士に関係ない事聞いてしまいました…ごめんなさいm(_ _)m
2011⁄07⁄01(金) 08:45 |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011⁄07⁄22(金) 15:17 |

Re: タイトルなし

>もんさん

度々レスが遅れて申し訳ございません。

学校ですか!?…すごいですね!!
いつごろ受けられるのですか?
陰ながら応援しています。

小論文ですか。。私も大学入試で受けた以来で、正直オススメの本などはないです。。
お役に立てずすみません。

私が本を探すときはamazonで検索してレビューを参考にします。
小論文の書き方などならネットでまとまっているサイトもあるのでそれ参考にしますかね。。
2011⁄07⁄24(日) 23:52 |

Trackback

http://zimuking.blog47.fc2.com/tb.php/261-3fc20538

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。