--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

コメ返(2011/01/23)

2011⁄01⁄23(日) 23:44
こんばんわ。

修了考査も終わりそろそろブログも通常営業へ。
その前に溜まりに溜まったコメントへのお返事を。
いつも遅くてほんと申し訳ないです。。

>通りすがりさん

「修了考査の合格者数は1500人」とのことですが、
それだと合格る気がしませんね(苦笑)。

確かにCPA政連ニュース(2010年12月28日)にも、
「最終の公認会計士の数は今後そんなに増やさないという方向は言われています」って書いてありましたし、なくはないのか?

5月の合格発表では思ったより減らなかったとなることを祈るのみですわ。


>ぐんぐにるさん

「辞めません、でも頑張りません――「新・ぶら下がり社員」現る」ですか。
確かに共感できる部分も多いですが。。
そんな生き方ダメですか??

ところで、退職プログラムへの応募を進めてくださったり
的確なアドバイスをくださるぐんぐにるさんは監査法人の上の方ですか??


>2011⁄01⁄01(土) 13:40の名無しさん

就活大変そうですね。。
お互いがんばりましょう!!

今年もよろしくお願いします。


>もんさん

なんとか生きてます(笑
今年もよろしくお願いします。


>リストラさん

jklってなんですか?


>おてうさん

お答えするのがかなり遅くなってしまい失礼しました。

「減価償却と減損はどちらを先に処理するのでしょうか?」についてですが、結論としては減価償却が先かと。
そもそも固定資産の帳簿価額は取得価額-減価償却累計額となり、
減損会計では、回収可能価額と帳簿価額と比較してその差額が減損損失になるので、帳簿価額は減損測定時の減価償却後のものを使用すべきと考えられます。

減損会計の趣旨が「投資額の回収が見込めなくなった時点で、将来に損失を繰り延べないために帳簿価額を減額する会計処理」であるものであることを考えてもこのように解するのが自然かと。

いかがでしょうか。
間違っていたらどなたかご指摘頂けると幸いです。

TOP

Comment

.tomoyaさん、ご無沙汰しております。
Budgieです。
おかげさまで短答通りました。次、論文頑張ります。
2011⁄01⁄24(月) 13:46 |

Re: タイトルなし

>Budgieさん

短答合格ほんとにおめでとうございます!!
今回も合格者数少なかったようですが、さすがですね。
ですが、これからがまた大変ですよね。。
引き続き頑張ってください。
気晴らしにまたコメントして頂けると幸いです。
2011⁄01⁄30(日) 02:54 |

Trackback

http://zimuking.blog47.fc2.com/tb.php/250-e87f1f98

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。