--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

補習所で暴力行為とか

2010⁄06⁄13(日) 22:57
こんばんわ。

6月11日に補習所のHPに下記のようなリリースがありました。

暴力行為とその対応について
先般、東京実務補習所において補習生による暴力行為がありました。その対象者については実務補習協議会の議を経て必要な措置をとりましたのでお知らせいたします。

おお…こ、これは(;´Д`)
詳細は不明なのですが、2chの情報によると09年合格の補習生の話のようですね。どのような状況か分からないのでなんともいえませんが、暴力はやっぱりよくないですね。


また、同日もうひとつ気になるリリースがありました。

eラーニング受講上の注意について
eラーニング講義において、1講義5分割されている映像を同時に流して受講するという事実がありました。実務補習所では、eラーニングの視聴状況をモニタリングしており、システムの悪用による受講と判断した場合は当該補習生に対し事情聴取を行い、懲戒処分の事由となりますのでご注意ください。

こういうことができるということは知ってました。

まず、そのようなことが可能なシステムを構築した補習所に問題があると思います(仮にそういう補習生を釣り上げるためにあえてそのようなシステムにしたのならスゴイと思いますが、そんなことはないだろうな。。)。

が、できるからといって安易にズルした補習生にもかなり問題ありますよね。
まぁ、補習所の生講義でぼーっと2時間半過ごすのはお咎めなしで、
これだけ処分するのもどうなのかなと少し思いますがね。

補習所には補習生が聞きたいと思う講義をe-learning化して貰いたいですね。

しかし、ホントに処分するとなると、対象者がかなりの数になる気がするのですが。.tomoyaのリアルの知り合いで何人かやっている人知っていますし。。

また新試験制度合格者が叩かれるネタが提供されてしまいましたね(苦笑

元ネタ
暴力行為とその対応について
eラーニング受講上の注意について

TOP

Comment

こんばんは。

暴力問題は内容を詳しく知らないのでコメントできないですが…
感情を抑えられないのはビジネスではNGですからね。

それよりも、その下に書かれていた服装を見て大笑いました。
稚拙すぎる内容ですよね?(個人的にそう思いました…)
会計教育機構という所はそこまで教えなければいけないのか?
そういうレベルかな?っと。

話しは変わりますが…
.tomoyaさんはなぜ、産業界をはじめとする経済界でIFRSの反対する声があると思っていますか?
2010⁄06⁄14(月) 02:30 |

.tomoyaさんこんにちは。

補修所で暴力行為

一口に暴力行為と言ってもイロイロありますが、
何があったのでしょうね。

必要な措置をとったらしいですが、
「必要な措置」って何したの?と思うのは私だけでしょうか?

e-ラーニング5分割同時視聴

やったのは聖徳太●さんですね。
・・すみません、勉強に戻ります。
2010⁄06⁄14(月) 16:58 |

Re: こんばんは。

momoさん

コメントありがとうございます。

> それよりも、その下に書かれていた服装を見て大笑いました。
> 稚拙すぎる内容ですよね?(個人的にそう思いました…)
まぁ、補習所の講義をスーツなどで受けなきゃならないものなのか!?という疑問も補習生側からはあるんですよね。。特に土曜の講義の時は別にいいんじゃね?という思いがあるのも分かります。何年か前は私服でよかったらしいですし。もちろんルールは守らなければならないと思います。

> .tomoyaさんはなぜ、産業界をはじめとする経済界でIFRSの反対する声があると思っていますか?
そんなこと書いちゃいました?まぁ、そう思っているのは確かです。あくまで私見になってしまいますが後日、エントリーさせて頂きますね。
2010⁄06⁄18(金) 01:20 |

Re: タイトルなし

>Budgieさん

こんばんは

>「必要な措置」って何したの?と思うのは私だけでしょうか?
確かにそうですね。
補習所退学?とかですかね?
なにか分かりましたらまたエントリーしますね。

> e-ラーニング5分割同時視聴
> ↑
> やったのは聖徳太●さんですね。
笑。
確かにそういう言い訳も可能かもしれませんね。

勉強頑張ってください!!
2010⁄06⁄18(金) 01:24 |

Trackback

http://zimuking.blog47.fc2.com/tb.php/213-8bacd923

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。