--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

【新日本】 会計士100人企業に出向

2010⁄05⁄27(木) 00:27
こんばんわ。
多数の1周年お祝いコメントありがとうございます!!

今日は26日の日経新聞から会計ネタです。
(以下引用)

「新日本監査法人、会計士100人企業に出向 経営現場で修行」

新日本監査法人は2012年までに100人程度の公認会計士を企業に出向させる。監査だけではなく企業経営に精通した会計士を育てる。日本は15年にも上場企業の連結決算に国際会計基準を導入する見通しで、企業側には会計士を雇うことで会計基準の変化に迅速に対応できる利点がある。会計士の産業界進出を促す狙いもある。
 対象は5~7年の実務経験がある27~35歳の会計士で、出向期間は3年間。初年度となる今年はまず4月に20人が出向、7月にさらに20人を送る。商社や食品メーカーなど上場企業の経理や人材開発部門に配属してもらい、新日本が出向先と同水準の給与を払う。出向期間中は、最高財務責任者(CFO)の啓発や育成を担う日本CFO協会主催の研修に参加。ボイストレーナーから人前での発表方法などを学ぶ。
 出向期間が終わると原則は新日本に戻る。本人が希望すれば企業に残れるようにする。近年、公認会計士試験合格者の急増で合格者の就職浪人が問題になっている。新日本の荒尾泰則経営専務理事は「今回の試みが会計士の産業界進出の呼び水になれば」と話していた。
なかなか面白い試みですね。

新日本監査法人は昨年、大手監査法人では唯一営業損失を垂れ流していたこともあり、人件費の圧縮が急務であります。

出向先と同水準の給与を払うということは、
監査法人側の負担は軽くなるという思惑でしょうか?

出向する会計士としても監査法人に籍を置きながら経理等の実務が積めるというメリットもあるかと。

しかし、出向者の受け入れ先あるんですかね??
一番大事なそこが気がかりです。

これが成功すれば、「公認会計士制度に関する懇談会」でも話題にあがっている公認会計士の産業界進出の成功事例となるんでしょうね。

07、08のゆとり世代の人余りばかりが話題にあがりますが、
上は上で詰まっているんですね。。(いや、気づいてましたけど)

あと、個人的にはこの業界で一般企業に出向できるという事実が意外でした。
出向先は監査クライアントはダメとかあるんですかね??

TOP

Comment

.tomoyaさん、こんにちは。
Budgieです。遅ればせながら1周年おめでとうございます。

今回の新日本監査法人の試みですが、これから、受験、就活する側としては、監査法人側で新しいことをしてくださるのはありがたいことだと思いますし、他の監査法人も考えて欲しいと思います。
一方で、出向メンバーの選定はどうやって決めるのかという点は気になります。「出向先と同水準の給与」という場合、出向期間中給与が下がる可能性もあるので・・・

当然、給与が全てではないでしょうが、差額の大きさによっては出向する会計士を決められない、ということも考えられます。

つまり、.tomoyaさんが指摘しておられるように「受け入れ先があるか」という問題があるとともに、「実際に出向を了解する会計士を確保できるか」という問題もあると思います。


>出向先は監査クライアントはダメとかあるんですかね??

この問題もありますよね。
これをダメにしちゃうと、どの監査法人も出向させたがらなくなる可能性がある一方で、出向先のクライアントの監査を失敗した場合は、あらぬ疑いをかけられてしまいます。

まぁ、新聞に載るくらいだから、すぐ思いつく問題はクリアしているものと思われますが。

それでは。
2010⁄05⁄27(木) 10:19 |

Re: タイトルなし

>Budgieさん

こんばんわ。
お祝いコメントありがとうございます。
また、返信遅れてしまい申し訳ございません。

> つまり、.tomoyaさんが指摘しておられるように「受け入れ先があるか」という問題があるとともに、「実際に出向を了解する会計士を確保できるか」という問題もあると思います。

なるほど。確かにそうですね。
私は出向辞令(?)みたいな形で半強制的に行かされるものかと思っていたので。。
そうなると保守的な会計士はなかなか応じないかもしれませんね。

なにか(ブログに書ける)情報が入ったら、お伝え致しますね。
2010⁄06⁄02(水) 00:02 |

うーん。。。

大手監査法人勤務の公認会計士です。
これって、企業側にとってみれば、出向者の人件費を負担せずにタダで公認会計士に社内で働いてもらえるっていうことですよね?
とすると、新日本からすれば、タダで公認会計士を出してあげて出向先会社に恩を売ることで、その企業から仕事をもらいたいだけなんじゃないの(いわゆる「人質」)?
苦労して汗かいて営業するよりも楽だもんね。少しは法人内の人余りも解消するし。
2010⁄06⁄06(日) 15:57 | | [edit]

Re: うーん。。。

>アキラ様

コメントありがとうございました。
これに関してエントリーしてみましたで、ご覧頂けますでしょうか。

またご意見がありましたら、コメントお願い致します。
2010⁄06⁄08(火) 00:03 |

受入側です

はじめまして、准会計士について調べていたところ、貴殿のブログにたどり着きました。

この新日本監査法人の試みにうちの会社も参加させてもらっています。
突然(?)商社の経理部門にて働くことになった会計士ご当人はどのように思っているのか存じませんが、「監査人の視点ではどうなのか?」を身近に聞ける存在の人がいて非常に心強く感じております。

当社の場合は、新卒で入社してUSCPAを取得した人、中途で日本の公認会計士(旧試験)の人等が関連部署に何人かいるので、出向してきた人も受入側もさほど戸惑いはないのか、雰囲気に溶け込んでくれています。

ここからは極論ですが、この制度が浸透し、行き過ぎると「監査法人の人材紹介会社化」になりかねないし、あまりにも企業勤務に向かない方を出向者にしてしまうと、企業サイドから「会計士の実務経験を積ませる為に企業はあるのではない。」といった不満が出てきそうですね。

やはり、質の高い監査人の育成と独立性の確保をどこまで考慮するかが重要ではないかと思います。
2010⁄06⁄11(金) 21:10 | | [edit]

Re: 受入側です

>ななこなさん

はじめまして。

おー♪まさか受け入れ企業様の方からコメント頂けるとは思っていませんでした!!
情報ありがとうございます。

商社の経理部門に出向ですか。。
監査法人で働いている人に経理の実務が務まるか疑問でしたが、

>「監査人の視点ではどうなのか?」を身近に聞ける存在の人がいて非常に心強く感じております。
とのことなのでやはり需要はあるようですね。
会計士ってこんなものか。。とならないとコトを祈るのみです。

> ここからは極論ですが、この制度が浸透し、行き過ぎると「監査法人の人材紹介会社化」になりかねないし、あまりにも企業勤務に向かない方を出向者にしてしまうと、企業サイドから「会計士の実務経験を積ませる為に企業はあるのではない。」といった不満が出てきそうですね。
ご指摘の通りだと思います。
若干見切り発車感があるので、今後の制度の整備が必要かもしれませんね。

今後もよろしくお願い致します。
2010⁄06⁄13(日) 23:11 |

Trackback

http://zimuking.blog47.fc2.com/tb.php/206-4250a0da

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。