--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

今度は准会計士ですか?

2010⁄05⁄18(火) 23:59
こんばんわ。

今日は当ブログでも何度か記事にしている「公認会計士制度に関する懇談会」の続報。5月17日にその第6回が開催されました。
一段階目の合格者に「准会計士」などの資格を付与して就職活動をしやすくしてくれるようです。
産経ニュースによると、
『改革案によると、第1段階を基礎知識を問う短答式の「予備試験」とし、合格者に「准会計士」の資格を与える。准会計士は監査法人での3年間の業務補助か1年間の実務補習を経た上で、第2段階となる論文式の「公認会計士試験」を受験でき、合格者に「公認会計士」の資格を与える。』とのこと。

短答合格者に資格を付与して誰か採用してくれるのでしょうか?

えーと。。なんのための懇談会なんでしたっけ?

それで、誰が救われるのだろうか??


しかし、第1段階って短答のことだったのか。。
てっきり「第1段階=現行の会計士試験・第2段階=現行の修了考査」みたいな感じかと思っていましたが(よくよく考えるとそれじゃあ全く変化ないですもんね)。

でも、今の試験をベースとしてその過程で新たな資格を創設するというものだったらあまり意味ないですよね。
かといって、抜本的な変化は受験生としては望むところではないと思います。
そもそも、ころころ試験制度変えんじゃないよ。
どうせ変化があるなら、せめてよい方向に転ぶことを祈るのみです。


私も監査にそれほど思い入れはないですが、
監査のできない(したことのない)会計士はさすがにまずいと思います。


6月末には最終報告もあるとのことですし、楽しみですね。
全く期待はしていませんが。

↓参照サイト
公認会計士制度を2段階に 「准会計士」創設 協会が提言(産経ニュース)
「准会計士」が誕生へ、しかし議論は混迷(IFRSフォーラム)

↓当ブログでの過去のエントリー(飛び飛びですね。。)
第1回
第4回

TOP

Comment

.tomoyaさん、こんばんは。

Budgieです。准会計士の話はこちらも今朝の新聞で知りました。

IFRSフォーラムの記事によると、今度は会計士協会と経済界がぶつかっているようですね・・

個人的に、思うところもありますが、今の私には23日の短答試験をどうクリアするかが今一番の問題です・・

話は変わりますが、FOIのエントリー(1回目)で紹介されていた本(「会計不正」「上場ベンチャー企業の・・・から学ぶ」)買いました。

ちょこちょこ読んでいくつもりです。
それでは。
2010⁄05⁄19(水) 00:25 |

こんばんは。

日経に記載がなくネットから順を追ってきました。
余談になりますが記事を読んでいて、小説の「イノセント・ゲリラの祝祭」を思い出しました。

経済界ではIFRSで非常に厳しい状態にあるので、それぐらい出来る人材が最も欲しい状況―

IFRSでパフォーマンス的なところを見せておかなければいけない
役所的な考え、無難な線(現行と変わらない)で終わると予測しました。
安易的過ぎますかね?


2010⁄05⁄19(水) 04:02 |

Re: タイトルなし

> Budgieさん

こんばんは。

短答式試験、今週末ですよね。
実力が発揮できるよう、体調管理には気をつけてくださいね。
よい結果がでることを陰ながら祈っております。

試験制度が迷走しているので、できるだけ早く合格するしかないですよね。。

粉飾の本は身近?な例で実務に触れることができるという点でも、とても勉強になると思います。おすすめの本は色々ありますので、機会があればまた紹介させて頂きますね。
2010⁄05⁄19(水) 23:53 |

Re: こんばんは。

>momoさん

こんばんわ。

コメントありがとうございます。

小説「イノセント・ゲリラの祝祭」読んだことがないのですが、
どんな話なのですか?(どのへんが記事と繋がりがありそうですか?)
機会があれば、私も読んでみようと思います。

> IFRSでパフォーマンス的なところを見せておかなければいけない
> 役所的な考え、無難な線(現行と変わらない)で終わると予測しました。
> 安易的過ぎますかね?
⇒現行と変わらない=IFRSは結局強制適用されないという意味でしょうか?
どんな形になるかはわかりませんが、適用はされるんじゃないですかね。

正直IFRSについては勉強がそんなに進んでいなくて。。すみません。
IFRSについても勉強がてらいつか記事書きたいですね。
2010⁄05⁄20(木) 00:05 |

こんばんは。

「イノセント・ゲリラの祝祭」は
現在の死亡解剖に対する作者であり医者でもある訴えが強い小説のイメージがあります。
役所が絡み、結構詳細に書かれています。
恐らく作者自身が参加をされた事があるんだと思います。
役所絡みの話しが今回の「懇談会」に近いと感じました。
(会計士業務に全く関係ない小説です。)

コメントの書き方が分かりにくかったですね。
IFRSは世界的情勢からみて適用になると思っています。
会計士の資格のあり方は変更されたばかりですのでないだろう…
という意味でした。



2010⁄05⁄20(木) 02:22 |

Re: こんばんは。

>momoさん

こんばんわ。
コメント及び本の解説ありがとうございます。

> 会計士の資格のあり方は変更されたばかりですのでないだろう…
ホントそうだといいのですが。
「懇談会」なるものをわざわざ開いているので、なんらかの変更という成果を出してくるかと思います。金融庁と会計士側の意見はいつも食い違うものです。。

ちなみに試験制度も年々少しづつ変わっていたりしています。
2010⁄05⁄22(土) 00:17 |

Trackback

http://zimuking.blog47.fc2.com/tb.php/201-2de51f39

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。