--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

オレタココロ

2010⁄02⁄09(火) 23:43
こんばんわ。

心が折れかけの.tomoyaです。

今までは多少ツライ時でも、「金のため」と割り切ってきましたが、
どんなに働いても1円の得にもならない今日この頃。
でも、やらなければならないことは山ほどある。

若いうちは「仕事の報酬は仕事だ」と考えて働くべきだと書いてある本を最近読みましたが、やはり私にはそんな殊勝な考えは持てないみたいです。
(とても素敵な考えだと思います。私もそう思うことができたのなら少しは救われたのだろうか?)

というか、監査という仕事の面白みがまったく分からなくなってきた。
(振り返ってみるとこれといって楽しかった時期もなかった気もしますが)

いつかはこの考えに達するのだろうという予感はあったのですが、
予想していたのよりもずいぶん早くこの考えに達してしまった。


なんのために働いているのだろう。
特に今、寝ても覚めても仕事のことを考えているのは、なんのためなのだろう?好きなこともできずに仕事に追われているのはなぜなのだろう?私はどこに行きたいのか?こんな人生が送りたかったのだろうか?

考えだすとつらくなってしまった。


やっぱり疲れているときはろくな考えが浮かばないですね。。

明日頑張れば、ひと段落というところまでは来れました。
とりあえず、休もう。

TOP

Comment

中二病と同じでJ2病もみんな一度はかかるものです。

あんま斜に構えない方がいいですよ
2010⁄02⁄10(水) 00:29 | | [edit]

どうも初めまして。
私も残業規制の中、監査法人で働いている者です。
私も仕事には特に愛着もないですが、仕事以外のことで一日や一週間を充実させています。
仕事はそのための手段だと、割り切っています。

暗い話題ばかりの業界ですが、頭と心の切り替えをスパッとして頑張ってください。
2010⁄02⁄10(水) 20:21 | | [edit]

こんばんわ。お疲れさん。私の友人は大手監査法人に就職2年目。毎日の仕事に苦しんでるらしい。入社前の想像とはまるで違い、残業代もナシ!!2~3時間の睡眠に悲鳴をあげてます。このままではやがて壊れそうだ‥‥‥と。変な仕事なんだね、会計士ってさ。人間どんな立場でも無い物ねだりするもんさ。やることがあるって凄いじゃないか!悩む隙間があるって贅沢じゃないか! 私には悩む隙間はない。嫌でもなんでもやるしかないんだ‥(泣)ある人から、どんなことからもどんなに嫌な奴からも学びはあると教わった。振り返るとムダは何もない。体こわすなよ。旨いモン食べてゆっくり寝て。
2010⁄02⁄10(水) 20:57 |

.tomoyaさん。お疲れ様です。

もう10日夜なので、すでに一段落着いたところでしょうか?

私は実際の監査は未経験なので、そこのことろは何とも言えませんが・・・
少しの間社会人やっていた経験から言わせてもらうと、今の.tomoyaさんと似たようなことを感じたことはありますよ。

おそらく、業種、仕事内容に関わらず、誰でも一度は経験するモンなんだと思います。
もし、悩みが続くようでしたら、(既にやっているかもしれませんが)同じ「監査」の仕事をしている同僚or上司と、全く異なる仕事をしている友人or親戚等話して意見を聞かせてもらい、違う方向から来る複数の意見と自分の考えを総合的に考えてみるのはどうでしょうか?

とりあえず、今はゆっくりお休みください。
2010⁄02⁄11(木) 00:14 |

こんばんは!

あまりに伝えたい事ばかりで、コメントがたぶん長くなりますががんばってまとめます。

「監査がおもしろくない。」これっておそらく多くの監査法人勤務者が感じています。

私も監査法人勤務時代はそうでした。
ただせっかく合格したのに、その現実を受け入れたくないのが事実。

でも冷静に考えれば監査っておもしろいワケが無いんですよ(苦笑)

理由のひとつは、監査があくまで「会社が作成したものをチェックする」仕事だからです。ここにクリエイティブさも達成感もありません。

もうひとつは、なん(誰)のために仕事をするのか、です。
仕事がおもしろいと感じるときって、私は「目に見える顧客のために仕事ができたとき」だと思うんです。

ただ監査は「目に見えない投資家・株主・債権者」のために仕事をしています。誰か知らない人のために仕事をしている以上、誰からも感謝されることはありません。

と、ここまで否定的なことを書いてきましたが、今私が独立して監査していないかと言ったら、そんなことはありません。むしろ仕事の半分位は監査です。

でも監査法人のころより監査が全然いやじゃないですよ。

なぜか。

ひとつは「クライアントのためではないとはいえ、自分のお客さまと実感できるから」

監査法人だとクライアントが割り当てられるので、クライアントは監査法人のお客様であって、自分のお客様ではない、遠い存在になってしまっていると思います。

自分で契約すると、たとえ監査でも、責任感も違いますし、クライアントからの信頼も違います。(えらそうにいうほどお客いませんが・苦笑)

もうひとつは「監査が勉強になるから」です。
監査って事例で学べる最高の機会であることを、監査法人を辞めてから実感しています。
私も辞めるとき「監査はしばらくいいや」と思ってましたが、すぐに考えが変わりました。

「監査」ほど会計の実務家として成長させてくれる仕事はないと今は思ってます。

監査に対する考え方って人間の体調のように変化します。
法人にいた時でも、初めて主査やったときは大変でしたけど楽しかったですし!

最後に大手監査法人を辞めた人間としての僭越ながらアドバイス。

「おそらく辞めた人間にしか本当の監査の良さはわからないと思います。そして、私も一度ははなれようと思った監査業界ですが、少なくとも私は今後監査から離れることはないでしょう。」

私は辞めたあとに初めて「公認会計士になってよかった」と感じています。
ただこれを感じている人間って大手監査法人勤務には少ないでしょう。

別に辞めることを勧めるつもりは全くありませんが、いつかtomoyaさんにも私と同じ「公認会計士になってよかった!」って思える日がきてほしいなと、切に願っています。

長々と自分の意見ばっかり書いて申し訳ありませんでした!
2010⁄02⁄11(木) 00:54 |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010⁄02⁄12(金) 03:18 |

仕事に慣れたJ2の頃はいろいろと考えます。
実際私も大手監査法人Tから今はなき大手監査法人CAに転職しました。
その後約6年で監査業界から足を洗った形になりましたが、自分の判断については全く後悔していません。
取り敢えず①目の前のことを精一杯頑張る、②決断すべき時が来たら決断しそれについては後悔しない・・
どうでしょうか・・
2010⁄02⁄12(金) 20:26 |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010⁄02⁄12(金) 21:44 |

Re: タイトルなし

黒酢様

はじめまして。
コメントありがとうございました。

やはりこの業界、今はどこも厳しいようですね。
仕事は仕事と割り切る姿勢、大切ですよね。
理解はしているつもりなのですが、なかなか。。

私は気持ちの切り替えというものどうやら苦手のようです。
自分なりの仕事に対するスタンスを確立しないとなと感じました。

こんなブログですが、
今後もよろしくお願い致します。
2010⁄02⁄17(水) 23:27 |

Re: タイトルなし

いよかん様

コメントありがとうございました。

どうやら私より大変な立場のご友人がいらっしゃるようですね。
やはり変な仕事なんですかね、会計士って。

確かにないものねだりはどんな立場になってもありますよね。
最近の私がまさにその状態でした。

>どんなことからもどんなに嫌な奴からも学びはある。振り返るとムダは何もない。
とてもいい言葉ですね。
心に刻みました。

体を壊さない程度に頑張っていこうと思います。
お互い頑張りましょう!!

今後もよろしくお願い致します。
2010⁄02⁄17(水) 23:35 |

Re: タイトルなし

>Budgieさん

いつもコメントありがとうございます。

気づけば17日になってしまいましたが、かなり落ち着きました。

監査法人のひとだけではなく、社会人の誰もが経験するものなのですね。。
働く意義ということですよね。
確かにそういうテーマの本とかたくさんありそうですよね。

とりあえず、周りから監査という仕事が楽しくて仕方がないという話は聞いたことがありませんが、人ごとに仕事に対してスタンスというか、自分なりの意義は見出しているみたいですね(特に年次が上になると)。

同じ仕事をするなら、イヤだイヤだと思いながらするよりはそちらのほうが断然いいですよね。私も早くそういうものを確立しないとなと思う今日この頃であります。

とても参考になりました。
ありがとうございました。
2010⁄02⁄17(水) 23:48 |

Re: タイトルなし

>関西魂@公認会計士様

コメントありがとうございました。
(しかもこんなに長文で…ホントにありがとうございました)

全文なるほどなぁと感じました。
監査が面白くない理由。
①クリエイティブさも達成感もないこと。
②なんのためにやっているか見えないこと。

やはり独立されてのお仕事は主体的にしなければならないのでしょうね。
私の現状は確かに仕事はやらされているもの、上からふってくるものという認識があったと感じました。それに気づけただけで視野がかなり広がった気がします。

そして、大手監査法人を辞めた人間としてのアドバイスまで頂き重ねて御礼申し上げます。

「公認会計士になってよかった!」って思える日…来るといいですね。
まぁ、そう思えるかどうかはこれからの自分次第なのでしょうが。

とりあえず、日本公認会計士協会準会員から公認会計士を名乗れる立場になることが必須ですね(苦笑

今後も貴重なご意見頂けると幸いです。
よろしくお願い致します。
2010⁄02⁄18(木) 00:10 |

Re: タイトルなし

>広島の会計士様

コメントありがとうございました。

>仕事に慣れたJ2の頃はいろいろと考えます。
やはりそうなのですね。

監査法人を移るという選択はこのご時世では厳しいでしょうし現状考えておりませんが、
広島の会計士さんが法人を移ろうと思った経緯や実際移ってどうだったのか等、
お時間があるときにでもご教授頂けるととても嬉しいです。
参考にさせて頂きます。

>①目の前のことを精一杯頑張る、②決断すべき時が来たら決断しそれについては後悔しない
なるほど…おっしゃる通りだと思います。
後悔のない選択をしたいと思います。
2010⁄02⁄18(木) 00:39 |

Trackback

http://zimuking.blog47.fc2.com/tb.php/154-2143e375

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。